転職の本音と建前、そして面接

誰もが本音と建前を持っている

 多くの方の転職を考えた理由は、やはり不平や不満からだと思います。今の職場に満足しているのに、進んで転職する方はそういないでしょう。そのため、その本音を次の職場選びに活かしながら、建前も上手に扱って転職を進める必要があります。特に面接の場では、その使い分けが重要となるでしょう。

本音をそのまま伝えない

 やはり、本音をそのまま伝えることはオススメできません。なぜ転職したのかと聞かれて、職場の不満点ばかり答えていては魅力的に見えないのです。魅力的に見える人材というのは、前を向いている人材に他なりません。過去の職場の経験を活かして、今までの経験を無駄にせず面接に向かいましょう。

物事を前向きに捉える

 そこで大切なのは、前向きに捉えることです。例えば仕事に面白みを感じなかった場合、それは単に仕事に合っていなかっただけかもしれません。その反省を活かして、より自分に適していると思われる職場に転職を考えたと答えれば、少なくとも悪い印象は与えないでしょう。

転職の理由

 このように、転職の理由は非常に重要です。自分が前向きになるためにも、面接で魅力的な回答をするためにも、もう一度転職理由を見返してみましょう。